放射線治療で病気をやっつける|病原体を集中攻撃

説明をする男性医師

メリットがある

ガンマナイフは転移性の脳腫瘍の治療で多く使用されます

女性

予め定めた場所に集中して放射線を当てることが出来るのが、ガンマナイフと呼ばれる新しい治療法です。この方法では、目的とする部分以外への被ばく量を低く抑えることが出来るため、放射線による悪影響を軽減することが出来ます。ガンマナイフは、現在転移性の脳腫瘍に広く試みられている治療法です。癌の治療中を受けている方の場合には体力自体が落ちていることが多く、開頭手術は困難な場合も多いと言えます。体への負担が少ないガンマナイフは、こうした場合に特に有効な治療法となっているのです。ガンマナイフでは、腫瘍が脳内に複数ある場合にも一度に治療することが出来ます。そのため、肉体的な負担や費用を抑えられるというメリットがあるのです。

治療の出来る医療機関を探してみましょう

転移性の脳腫瘍の場合には、本人も家族もどうしても治療には悲観的になりがちです。通常の医療機関では治療自体がが難しい場合も少なくありません。このような場合には、ガンマナイフの出来る病院を積極的に探してみることが役に立ちます。診断を担当した主治医に相談をすることで、ガンマナイフ治療を行なっている病院へ紹介してもらうことも可能となるのです。最近ではインターネットを通じてもガンマナイフの可能な医療機関を探すことが出来ます。医療保険などに加入している方の場合には、保険会社の相談窓口に問い合わせてみることも一つの方法です。ガンマナイフ治療は、通常数日で終了します。そのため病院が少し離れた地域にある場合にも、余り支障は感じずに治療を受けることが出来るのです。